2016年08月30日

釣り未経験者でもわかる小物釣りのやりかた〜仕掛けのつくりかた〜

釣り道具を購入したあと、仕掛けをつくります。
現地でつくってもいいですし、事前につくって竿に巻いておくのもいいと思います。

■手順1:竿にラインを付ける!

竿を伸ばせば、先に「紐」がついています。
それとラインを結びます。
結びかたもありますが、わたしは「団子結び」を何回かしているだけです。

1.jpg

ちなみに、結んだあと、やや強い力でラインを引っ張ってみましょう。ラインがとれれば、しっかりと結びなおします(あまりに強い力で引っ張らないでくださいね。竿が壊れてしまいます)。

■手順2:竿を伸ばして、ラインを切る!

竿を伸ばしてください。
竿の7〜8割くらいの長さのところでラインをハサミで切ります。
※写真のウキの位置くらい

2.jpg

ちなみに、ラインの長さが短ければ水面まで仕掛けが届かないですし、長すぎると扱いにくくなります。

■手順3:ラインにウキゴムを通して、ウキをつける!

ラインの片方は竿の先の紐と結ばれています。
もう片方には何もついていません。
その何もついていないほうから、ウキゴムを通します。
そして、ウキゴムにウキをつけます。
ウキゴムにウキの先を差し込むだけですが、ギュッと差し込まないとウキだけ流れていくことがあります。
ちなみに、ウキゴムの「方向」に気をつけてください。ウキが下記の写真のようになるような方向になります。

■手順4:ラインにサルカンを結ぶ!

ウキゴムを通したあと、ラインの先にサルカンを結びます。
※結びかたもありますが、わたしはいつも団子結びを何回かしているだけです。ちなみに、なぜ団子結びはダメなのかというと、大物が釣れたときなど、そこから切れたり、ほどけたりするためです。が、所詮、小物釣りなのでこだわる必要はないのかな、と。

見にくいですが、以下のようになります。
※写真では、サルカンの右に赤い糸があります。これは手順5でつけるハリス付のハリです。

3.jpg

■手順5:サルカンにハリス付のハリをつける!

サルカンの片方にはラインが結ばれていると思います。
もう片方に、ハリス付のハリを結びます。タナゴ用のハリですね。
見にくいですが、以下のようになります。
※写真では、ハリスに割ビシが付いていますが、これは手順6でつけるものです。

4.jpg

■手順6:割ビシをサルカンとハリの間くらいの位置につける!

割ビシをサルカンとハリの間くらいの位置につけます。
つけかたは、割ビシの割れたところに糸を入れて、割ビシをペンチでギュッと握りつぶすだけです。
割ビシが動かなくなるように、ギュッと握りつぶしてください。
ちなみに、小学生のころは、ペンチを使わずに歯でかんで割ビシをつぶしていましたが、現地ではミミズやエサを触った手で仕掛けをつくることがありますからねー

5.jpg

これで完成です。
難しく感じるかもしれませんが、めちゃくちゃ、簡単ですよ!
ただ、ラインが細くてサルカンなども小さいので、ちょっとイライラしてしまうかもしれませんが。

あとは、現地でミミズを捕って(ここでスコップを使います)、針の大きさに切って(その辺にある石でブチッと切るといいでしょう。100均でカミソリの刃を買っておいて、それで切るのもいいとは思います)、針にミミズの切れ端をつけて釣りするだけです。
エサを買う場合は、「赤虫」を買うといいでしょう。赤虫ならそのまま針につけるだけでいいと思います。

参考までに、割ビシが重すぎるとウキが沈んでしまいます。その場合はウキを大きなものに替えるか、割ビシを減らします。ウキが浮かんでも横に寝る場合は割ビシが軽すぎるので割ビシを増やします。ただ、この仕掛けだとこういう調整は不要と思いますが。

<注意>竿の扱いには気をつけましょう。特に竿の先を収納するとき、無理をすると折れてしまうことがあります。店員に竿の収納方法を聞いておくことをお勧めします。
posted by 石崎秀穂 at 10:24| Comment(0) | 釣り未経験者でも小物釣り

釣り未経験者でもわかる小物釣りのやりかた〜購入するもののリスト〜

「都内のデートには飽きたし、毎週ドライブにいくとお金がかかるし…」
「涼しくなってきたこの季節、子どもと何して遊ぼう…」

そう思っているのなら、クチボソ狙いの「小物釣り」がお勧め!
なぜなら、基本、入れ食いですが、コツがつかめるまで、案外、釣り上げることができず、楽しいようですので。

※以下の釣り未経験者にお勧め!!!

・カップル
・幼稚園児から小学校高学年までの子どもがいる家族連れ
・わたしのようなオッサンや、オバサン

とはいえ、釣りはまわりに経験者がいないと、案外、敷居が高いもの。
そこで、「釣り未経験者でもわかる小物釣りのやりかた」を紹介します!!!
今回は「購入するもののリスト」です。

まずは、上州屋にいきましょう。
ネットで購入するのも手ですが、釣り具屋さんに行くほうが手っ取り早いです。わからなければ、店員に聞けますし。

ちなみに、はじめて釣りをするのには、初期投資として5千円くらいかかります。
しかし、次回以降からはエサ代のみになりますし、エサもミミズを使えばお金はかからないので、1回あたりの釣り単価は案外安いです。

(例)エサは毎回ミミズ、無料の釣り場に行く場合 → 10回釣りに行けば、釣り1回あたり500円

なお、以下は、何度も釣りにいくことを想定して消耗品を購入しています。
もし「あまり回数行かないな」と思うのなら、ウキゴム、割ビシなどの複数購入するものの数を減らしてください。

■竿(参考価格:1,000円くらい)

写真の左側にあるような、「タナゴ釣り用の小さな竿」を買いましょう。竿の長さは1.5mくらいです。わからなければ店員に聞けば教えてくれます。
※高い竿を購入する必要はありません。

1.jpg

ちなみに、大昔に買ったときの竿の詳細です。定価1500円ですが割引販売されていていました。

P1480222.jpg

■ライン(参考価格:550円)

釣り糸を買います。
釣り糸は太さが「号」で表されていて、号の数字が大きくなれば糸が太くなります(例:1号が細くて、3号が太い)。
クチボソ狙いの小物釣りなので「1〜2号」を買うといいでしょう。

2.jpg

100均で、1〜2号のラインが売っていれば、それで構いません。
※「60mで100円」なので、上記の写真のラインに比べると割高ですが、1回あたり2mも使わないですし使いまわすので、100均のもので十分です。

P1480220.jpg

■ウキゴム(参考価格:50円×5袋=250円)

糸が切れたりしてよくなくなるので、5袋くらい買っておいたほうがいいと思います。

3.jpg

以下のようなウキゴムでも構いません。
※使うとき、ハサミで切ります。

P1480223.jpg

■サルカン(参考価格:360円)

よくなくなりますが、1袋に大量に入っているので、1袋で十分だと思います。
ちなみに、サルカンも大きさが「号」で表されています。
「14号」のものがお勧めです(小さなサルカンなら何でもいいです)。

4.jpg

■割ビシ(参考価格:100円くらい×5袋=500円)

糸が切れたりしてよくなくなるので、5袋くらい買っておいたほうがいいと思います。
ちなみに、写真の割ビシのサイズは「中」ですが、一番小さな「小」を買ってください。

5.jpg

■ウキ(参考価格:160円くらい×3袋=480円)

糸が切れたりしてよくなくなるので、3袋くらい買っておいたほうがいいと思います。
大きさは「割ビシ小」とあるものです。小さいです。

6.jpg

■ハリス付のハリ(参考価格:250円くらい×3袋=750円)

釣具屋に行けばわかると思いますが、ハリス付のハリは、ものすごく色々な種類があります。

このなかかから、「タナゴ」「新半月」「ハリス0.3号」とあるものを買ってください(タナゴ用のものなら、ほかのものでも構いません)。

糸が切れたりしてよくなくなるので、3袋くらい買っておいたほうがいいと思います。

7.jpg

※ちなみに、クチボソを狙わず、もうすこし大きな魚を狙う場合は、たとえば以下のような別のハリス付のハリを使います。

8.jpg

■釣り道具をまとめる入れ物(参考価格:300円)
※必須ではありません。

釣り場で仕掛けをつくる、すなわち、毎回、上記の釣り道具を持っていくことになるので、容器にいれてまとめておくほうが便利です。100均のものでも十分ですが、釣具屋で販売されているものの方が入れやすいです。

9.jpg

以下のように、まとまります。

10.jpg

■100均一で買っておくもの(参考価格:400円)

つぎのものを買っておきましょう。

・小さなラジオペンチ
・小さなハサミ
・スコップ(現地でミミズを確保する場合)
・釣った魚を入れておくバケツ

ちなみに、ハサミは以下のような、釣り用のハサミのほうが便利です。

P1480226.jpg

次回は、小物釣りの仕掛けの作りかたです。
posted by 石崎秀穂 at 08:53| Comment(0) | 釣り未経験者でも小物釣り

2016年08月28日

埼玉で小物釣り!!!(別府沼公園編)

見沼臨時グラウンドでザリガニ釣りをしてむさしの園 並木でブドウ狩りをしたあと、小物釣りをしようと思い立ち、「別府沼公園」にいきました。

前に別府沼公園にいったときは釣り人を見かけませんでしたが、「東」の駐車場の近くにいました。

というわけで、釣り場の様子ですが、水辺に出る入口があります。

1.jpg

柵があります。

2.jpg

足場もよかったです。

4.jpg

曇天で、時折、霧雨が降っていたので釣り人は少なかったのですが、晴天だと多いのですかねー

5.jpg

というわけで、小物釣り開始!!!
前回は食パンをエサにしてボウズだったので、(できるだけ避けたかったのですが)その辺で捕まえたミミズをエサにすることにしました。
仕掛けを投入すると――。

6.jpg

速攻で、クチボソが釣れました。

P1410891.jpg

あっという間に、たくさん釣れました。

P1410931.jpg

小さなバケツだったのですべてリリースして、ふたたび釣りはじめたら、またまたバケツ一杯になったのでリリースしました。

というわけで、今日は、大量でした!!!

帰り「今日、食パンで釣れば、前回のボウズは、めちゃくちゃ暑かったのが要因か、それともエサを食パンにしたのが悪かったのかがわかったじゃん!」と思いました。

いずれにしても、別府沼公園では、ミミズをエサにすれば「誰でも」クチボソが大量に釣れるようです。
※ただ、仕掛けやエサのつけかたを工夫する必要があります。それについては今後記事にします。
タグ:埼玉観光
posted by 石崎秀穂 at 21:19| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

埼玉でブドウ狩り!!!(むさしの園 並木編)

頻繁にR122や裏道を通っているので、久喜のあたりは梨の産地であることは知っていましたが、な、なんと!

「むさしの園 並木」(埼玉県久喜市所久喜187の1)では、ブドウ狩りができるとのこと!!!

ぶどう、大好き!!!

というわけで、見沼臨時グラウンドでザリガニ釣りをしたあと、むさしの園 並木に向かいました。

場所は、東北道の久喜ICから近く。
下道で1時間ほどで着きました。

P1410710.jpg

まずは受付。

P1410711.jpg

そして、ぶどうの食べ放題!!!

P1410720.jpg

大好物の巨峰を貪りました!!!
美味しかったですよ!!!

P1410737.jpg

かなり昔にブドウ狩りしたとき、食べ過ぎて、当分ブドウを食べられなくなったのでセーブしました。
それでも、来てよかったー!!!

P1410814.jpg

あと、むさしの園 並木には、動物もいるようですし、BBQもできるようです。詳しくは公式サイトを見てみてください。

P1410854.jpg

というわけで、むさしの園 並木ですが、(わたしにとっては)近いところでブドウやイチゴ狩りができるので、確実にリピートすると思います!!!

そして、ブドウ狩りの後は、小物釣りをしようと思い立ち、別府沼公園に向かいました。

埼玉で小物釣り!!!(別府沼公園編)へ続く。
タグ:埼玉観光
posted by 石崎秀穂 at 20:51| Comment(0) | 遊び(収穫体験)

埼玉でザリガニ釣り!!!(見沼臨時グラウンド編)

ザリガニは至る所にいるもの。
だから、わざわざ遠方にいってまでザリガニ釣りするものではありません!

というわけで、近場で、ザリガニ釣りできるところを探そうと試みています。
ただ、地元育ちの友達がいないので、ネットで検索!
条件は以下。

・駐車場が近い
・足場がいい

早速、「見沼臨時グラウンドに小さな池のような川があって、そこにはザリガニがウジャウジャいる」という情報を発見!!!
Google ストリートビューで見沼臨時グラウンド周辺を見ると、確かに小さな池のような川があることが確認できました。

今日は涼しかったこともあって、実際に「見沼臨時グラウンド」(埼玉県さいたま市緑区新宿地内)にザリガニ釣りをしにいってみました!!!

まずは駐車場。
土日は、野球をするひとたちの車が停まっているようです。

1.jpg

駐車場のすぐ近くに、水たまりのような水の流れがありましたが、ここには生き物はいませんでした。

P1410632.jpg

さらに奥に進むと、ネットの情報にあったような「水たまりのような小川」があるではないですか!

P1410633.jpg

が、ここにも生物はいなさそうでした。

P1410635.jpg

しかし!!!
そのすぐ奥のところに、ザリガニがいました!!!
※写真では見えないと思います。

P1410637.jpg

アップです。

P8280001.jpg

ザリガニがいたところの全景です。
足場はいいです、というより、めちゃくちゃ浅いので危険度はゼロです。
ただ、ここの道路、狭いのに、結構、車が行き来していたので、ザリガニ釣りに来ることがあれば、車に気をつけてくださいね!

P1410647.jpg

というわけで、ザリガニ釣り開始!!!
入れ食いでした(写真のスルメに小さなザリガニが食いついています)。

P1410652.jpg

釣ったあとは、リリース。

P1410699.jpg

というわけで、見沼臨時グラウンドには実際にザリガニがいて、ザリガニ釣りできました!!!
ただ、乱獲されたり、水がなくなったりすれば、ザリガニはいなくなるかもしれませんが。

そして、今日は、その後、ぶどう狩りをすることにしました。

埼玉でブドウ狩り!!!(むさしの園 並木編)に続く。
タグ:埼玉観光
posted by 石崎秀穂 at 20:18| Comment(0) | 遊び(ザリガニ釣り)

2016年08月26日

巾着田キャンプ場で川遊び!!!

そろそろ夏も終わりに近づいています。
後悔したくない、ということで、今日も川遊びにいきました!!!

向かうは「巾着田キャンプ場」。
行きは高速を使って、1時間30分ほどで到着しました。

休日はかなーーーり混雑しますが、今日は平日なので空いているかな、と思いきや、そこそこ、ひとがいました。

P1410399.jpg

BBQをしているひとたちもいました。
ちなみに、13時ごろに出たのですが、駐車場は6割くらいは埋まっていましたかねー

P1410400.jpg

網で生き物をとっている親子連れがいたり、本流にて大きな浮き輪で川の流れに乗ってスライダーみたいに遊んでいる小学生の子どもや親がいたり、どこかの幼稚園児もしくは保育園児もやってきて川遊びしていたりして、ものすごーーーく、楽しそうでしたよ!!!

P1410401.jpg

わたしも、ざぶーん!!!
冷たくて気持ちがよかったです!!!

P1410404.jpg

水質、かなりよかったです!!!

P1410405.jpg

ちなみに、水中の写真です。
透明度がかなり高いですよねー

P1410406.jpg

エビやドジョウをとったりして(すぐにリリース)、川遊びしたあとは、付近を散策しました。

P1410566.jpg

コスモスの花が、ほんのすこし咲いていました。

P1410580.jpg

小川で魚をとっている子どもがいました。
結構、とれているようでした。

P1410591.jpg

雰囲気はよかったのですが、かなり暑かったです。
その後、所用があったので、下道でゆっくり帰って、イオンにいきました。

P1410630.jpg

この風景を見られるのも、あとすこし!
週末、混雑を覚悟で巾着田キャンプ場にいくのもいいのではないでしょうか。

P8260002.jpg
タグ:埼玉観光
posted by 石崎秀穂 at 20:53| Comment(0) | 遊び(川遊び)

2016年08月25日

今日も水輪フィッシングセンターでニジマス釣り!!!

一昨日に「水輪フィッシングセンター」で釣りを楽しんだのですが、今日も諸事情で行ってきました!!!

着いたら、いきなり、店のひとが「今日は食いが悪いから、釣れなかったら網ですくいます」と。

「放流していないんだろうなー」と思いつつ、釣り開始!!!

P1410205.jpg

おじいさん、おばあさん、その孫らしき子どもが釣っていましたが、ほとんど釣れていませんでした。
で、やはり、まったく釣れません……。

P1410210.jpg

定番の流れのあるところに移動。
しかし、ここには、そもそものニジマスがいませんでした……。

P1410245.jpg

「スレているニジマスばかりということか……」

ということは――。

「アレ」の出番!!!
アレとは、いくつかの管理釣り場で編み出したワザ!!!

<準備>
・針が隠れるくらいの大きさで、練りエサをつけます。
※ただし、大きくしすぎず、ちょうど針が隠れるほどの大きさにします。

・エサが底につくようにします(ウキを移動させて、ウキから針までの距離を長くします)

<釣り開始!!!>
1.ニジマスの群れのところに仕掛けを投入!

2.エサが底に落ちていき、底についたら、あとは我慢……。

3.エサに食いつかなければ(ニジマスの群れが過ぎ去って、エサのところに戻ってこなければ)、上記1に戻ります。

4.エサに食いついてアタリがあれば、ウキが、数秒、完全に沈むまで我慢! 針を飲まれているでしょうが、数秒、待っているほうが確実に釣れます。

「ワザ」を使ったおかげで、バンバン釣れるように!!!

それを見ていた子どもが「なんで、あの人だけ釣れるんだろう……」という悲しそうな顔をしていました。

「そういえば、わたしも矢納フィッシングパークにて、まわりが釣り上げていくなか、ポツンと居残りさせられていたな……」と。

ボウズ!
その悔しさを覚えておくがいい!!!
それをバネにして、いつの日か、おじさん(=わたし)を超えるがいい!!!

……とは思いませんでしたが、釣り方を聞いてくれれば教えたのですけどねー

ただ、やはり入れ食いとまではいきませんでした。

しかし――。

P1410256.jpg

流れができたので、一気に入れ食い状態に!!!

というわけで、あらかじめ決めておいた「ノルマ」を達成して、ニジマスを焼いて食べました。

P1410317.jpg

昭和の旅館という感じで、ノスタルジーを覚えます。

P1410318.jpg

食後は、裏の川で川遊び!!!

P1410334.jpg

増水していて流れがやや強かったですが、水が冷たくて気持ちがよかったです!!!
水の流れがゆるやかになっているところで、サワガニやカエルがいましたよ。

P1410335.jpg

で、帰り、ニジマスが放流されていました。
昨日、放流するつもりが、夕立で放流できなかったらしいです。

放流された直後だと、ワザなんて使わなくても入れ食いだったでしょうに。
おじいさん、おばあさん、孫、ツイていなかったですねー

その後、「玉淀河原」に移動して、テーブルとベンチで昼食にしました。

増水でかなり濁っていましたが、子どもたち数人が川遊びしていましたよ。

P1410391.jpg

そして、近くの「里の駅 アグリン館」にてコーヒー休憩した後、車を走らせて、都内へ。
タイ料理屋で夕食をとって、カフェでコーヒーを飲んで帰りました。
posted by 石崎秀穂 at 23:22| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年08月23日

ひょっとして水輪フィッシングセンターに行き過ぎ!?

今日は、午前中、すこし仕事をしたあと、「暑そうなので川遊びかなー」と思ったのですが、「台風で増水していて川遊びどころではないだろう」とも思って、決めかねたので、とりあえず東松山方面に向かいました。

小川町に到着。
槻川の河原では、バーベキューをしているひともいましたが、結構、増水していました。

「日本の里だと、浅いので大丈夫かなー」とも思いましたが、先日のヤマメの里公園、すこしの増水でも流れが強くなっていたので、川遊びはやめて、またまた「水輪フィッシングセンター」にしました。

これで何度目なんだろう。

というわけで、水輪フィッシングセンターですが、水が濁っていました。

P1410044.jpg

はじめは手前の池で釣っていましたが、おじいさんと孫が奥の流れのあるところで釣っていて、速攻で釣れていたので場所移動。
エサのつけかたを工夫したら、入れ食いになりました。

P1410091.jpg

ちなみに、エサですが、釣堀でコイやフナを釣るときはエサが溶けるように柔らかくつけるとか、針先にチョンとエサをつけるとか、場所によって、いろいろありますが、ここでは、針が隠れるくらいの大きさがいいようです。針が隠れるくらい大きくエサをつけていれば、アタリがあって放置していても釣れます。

なお、針先にチョンとつけてもアタリはありますが、釣りの経験がある程度ないと釣れないと思います。

そして、ニジマスを焼きに部屋に移動。
昭和を彷彿とさせるレトロな感じで、ノスタルジーを覚えます。

P1410128.jpg

ニジマスを焼いて食べました。

P1410133.jpg

その後は、やたら暑かったので、裏の川で川遊びをしようと思ったのですが、川のほうから、ゴゴゴゴゴゴォーーーという音が聞こえてきました。

こりゃ、無理だ。

P1410145.jpg

店のひとにも聞いたら「流されてしまう」とのこと。
断念して、「アグリン館」にいってコーヒー休憩しようとしたら、臨時休館。

仕方がないので、前回と同じく「玉淀河原」に行ったのですが――。

P1410178.jpg

近づくと危険でしょうねー

P1410181.jpg

仕方がないので看板でみかけた「吉田家住宅」に行ったら、月曜と火曜は休みとのこと。
火曜も休むのか…。
しかも、雨も降ってきました。

P1410195.jpg

仕方がないので、最後はモラージュ菖蒲にいきました。
タグ:埼玉観光
posted by 石崎秀穂 at 22:53| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年08月22日

余地ダムと余地ダム公園

八千穂レイクでニジマス釣りをして、J&J アップル草間でプルーンの収穫体験をしたあと、案内板で見かけた「余地ダム」に寄ってみました。

P1400999.jpg

結構大きなダムでした。

P1410000.jpg

遊歩道もありました。

P1410002.jpg

ただ、誰もいない…。
学習広場も、雑草が生え放題でした。

P1410014.jpg

その近くにある「余地ダム公園」にも寄ってみました。

P1410022.jpg

こちらも誰もいなくて不気味…。
人口の流れの色が、血の色みたい…。

P8210082.jpg

と思っていたのですが、駐車場を出ようとしたら、若者たちの車とすれ違いました。

この日の走行距離は500キロ弱。
走りましたねー
タグ:長野観光
posted by 石崎秀穂 at 06:51| Comment(0) | ドライブ、日帰り旅行

J&J アップル草間で、プルーンの収穫体験!!!

八千穂レイクでニジマス釣りをした後、プルーンの収穫体験をしようと思い、「J&J アップル草間」に向かいました。
道がわかりにくくて、すこしだけ迷いましたが、無事、到着。

P1400855.jpg

試食で、規格外のプルーンをもらいました。
甘くて美味しかったですよ!!!

P1400857.jpg

そして、プルーンがあるところへ。

P1400871.jpg

のどかなところです。

P1400874.jpg

プルーンをもぎとりました!!!

P1400911.jpg

もぎとったプルーンは、買取り。

P1400950.jpg

ついでに、りんごが販売されていたので買いました。

P1400951.jpg

りんごのスパークリングワインも販売されていたので、ついでに買いました。

P1400952.jpg

こちらも楽しかったですよ!!!
ちなみに、J&J アップル草間は十国峠の手前にあります。

余地ダムと余地ダム公園に続く>
タグ:長野観光
posted by 石崎秀穂 at 06:49| Comment(0) | 遊び(収穫体験)